2006年02月01日

京都タワー研究会

今日なんとはなしに『なるトモ!』を見ていたらですね、
ブラックマヨネーズがリポートしていました
『京都タワー研究会』
京都出身でないお嬢さんたちが、
地元の人の、あまりの京都タワーへの興味のなさに危機感を覚え
京都タワーを広めたいという熱い思いで立ち上げた自主的ユニット(サークル活動?)
だそうです。
京都タワーのコスプレで、タワーの中で

『京都タワー体操』を踊り、全国のタワーでも京都タワーの広報活動を(自主的に)行っているそうです

京都タワーの会社の人も、はじめはタワー内で踊るのに否定的
(『ここはそんな格好で踊るところじゃないでしょ』と、注意されたそう)
だったのが、タワーから見えるどこかでの屋上で2ヶ月間踊り続けたところ、
熱意を認められ、踊りはおろか、『タワー体操の歌』をタワー内で流しても良いか、と
BGMにまでなっているそうです
CDも売っているらしい・・・

私も京都市民ではないながら、京都タワーへの京都市民の冷めた空気には
なんともいえない悲しみを感じていただけに、うれしいし、楽しいです獵

京都タワー体操
posted by キャサリン♪ at 14:22| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔よく京都に行ったけど
そういえば京都タワーに行ったことないし
行こうとも思ったことがなかったわ(^^;)
いったいどんな格好でどんな音楽でどんな踊りか気になるわ〜(; ̄▽ ̄;)
Posted by りゆっち at 2006年02月01日 23:02
これですかいな↓
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006011300072&genre=G1&area=K10

写真だと、なんともいえない悲しみを感じてしまうのですが。。。
Posted by Picaso at 2006年02月02日 01:17
コメントありがと~☆ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ☆

りゆっちさん!

そうでしょ!?
意外とジモティ(地元民)が興味なかったりします
見晴らしがいい!(らしいですよ・・・(^^;)
私も働いていたとき以来行っていない...( = =) トオイメ)
音楽と格好は記事の中のリンクからご覧(お聴き)ください
体操もリンク貼らせてもらいました
(肩こりにとっても効果がある!らしいです・・・(^^;))

Picasoさん!

記事のリンクありがとうございます<(_ _)>
そうですね・・・ちょっと悲しげ?
(歌もなんだかさびしそうなんです・・・
隣に京大生のいるお部屋で録音されて、声が張れなかったから、らしいです・・・)
Picasoさんも関西の方なんですね?
昇られたことありますか?
新たな京都観光の目玉になるでしょうか・・・?
Posted by キャサリン♪ at 2006年02月02日 14:57
京都タワーが出来たのは私の子供の頃でしたが、その頃からなんであんなものを作るんだという空気が漂っていましたね。出来た当初は違和感の固まりで、時間と共に気にならなくなったという感じでしょうか。
今は夜景の中の点景として認知されていると思いますが、あまりにも見慣れてしまって昼間に登ってみたいと思う人はほとんど居ないでしょうね。
それに、京都駅の屋上からでも展望はききますし、夜景を見るなら将軍塚からでしょう。要するに、あまり存在価値は認められていないような気がします。
まあ、私としてはあのロウソクの形のタワーを見るたびに、特に夜にはですけど、京都の景色の一つだなという気はしますけどね。
Posted by なおくん at 2006年02月07日 23:21
なおくんさん!

こんばんわ!
コメントどうもありがとうございます!!
いつも見ていますよ!!

>京都タワーが出来たのは私の子供の頃
Σ('◇'*)エェッ!?そんな最近だったんですか!?
もう50年以上は経っているものと思っていました
そうそう!ろうそくなんですよね〜
京都駅ビルが出来てからはそちらに客はまわりますわね・・・
まーでも、そんな中でもせっかく京都タワー
立派に建っているし、見学も出来るし
観光客だけじゃなくて、地元の人も一度は昇ってもらいたいものです
(って私も昇った記憶があまり鮮明ではない・・・(;´▽`A``)

だって東京タワーはあんなにちやほやされているのに・・・
小説のタイトルになればいいかも・・・
でも売れなさそ・・・(´・ω・`)ションボリ
Posted by キャサリン♪(なおくんさんへ) at 2006年02月08日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック