2006年04月18日

てんぷら油でバスが

京都バスの燃料に、てんぷら油が使われている

と、今日の夕方のニュースで放送されていたのだけど、
どこにも記事が無いがく〜(落胆した顔)

毎日放送(MBS)か、NHKで、たしかにやっていたのにね〜。。。

何でも、京都市内の各所に廃油(使用済みてんぷら油)を集めて、回収し、
エタノールと混ぜてムニャムニャ(ここはちゃんと見ていなかったふらふら
すると、ディーゼルオイル(軽油?)と同じような燃料が出来るそうで、
市民に好評なのだとか

しかも、てんぷら油だけに、香りが。。。
てんぷらの香りexclamationらしい
それもなんだか安心できて好評なんだとか

ステキな世の中になったものね〜
しかしなんでネットに載っていないんだろう

キツネにつままれたのかしらんがく〜(落胆した顔)

せっかくなので、京都市バスのリンク載せておきます
京都市観光はバスが便利どすぇ〜
posted by キャサリン♪ at 23:00| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
滋賀でも菜種油を原料としたバイオディーゼル燃料のバスが走っている地域があります。
菜種油(以外の植物油でもそうだけど)の場合、元々が大気中の二酸化炭素から作られているので、排出ガスも地球温暖化ガスの排出量に加算されないそうなので注目を浴びています。
Posted by MAD at 2006年04月19日 09:10
もとはといえば、アメリカの学生が、フライドポテトを揚げる油に着目して研究した結果、植物油で動く車を開発したのよん。
今では店から定期的に使用済みの油を回収するシステムを普及中だとか。
日本にはそんな激しい揚げ物文化(笑)はないので、恒久的にいつでも使用済みの揚げ油が補給できるかといえば、答えはNOらしい。
でも、こうやって市民から地道に回収したりするっていう手があって、これがアピールに繋がるから、これはこれでとてもいいことだと思います。
Posted by 黒陣馬 at 2006年04月19日 23:07
MADさん!

お返事が遅くなり申し訳ありません<(_ _)>

滋賀でもありますか!?
よかった!キツネにつままれなくて。
排出ガスも悪い影響が少ないのですね
φ(.. )メモシテオコウ
なんだかてんぷら油で走るバスなんてかっこ悪いイメージですが、
こういう試みはどんどん進んでほしいですね

*****************

黒陣馬さん!

>アメリカの学生が
なるほどね〜
バイトも何も考えないでやっている人との差がここに!
そうですね、たしかに家庭ではあまり激しい揚げ物は
家が汚れるからと揚げ物禁止にしているお家も結構聞きます
飲食店を中心に油を回収するシステムを作ればいいのですね
江戸時代までとは行かなくても、今まで当たり前に捨てていたものを再利用するシステムは
これからもっと進化していってほしいですね
Posted by キャサリン♪ at 2006年04月20日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック