2004年12月04日

年賀状の思い出

hetae_nengajyo_mini_jpg.JPG

思い出って特に思いつかないんです・・・
(過去のことをわりとすぐ忘れてゆく性格なもので・・・)
だもんで、申し訳ないんですが、
年賀状への思い入れ、というか、気合というか・・・

年賀状、毎年書いてますよ
去年はじめて、パソコン名人の友人宅で、
パソコンソフトからプリントして、宛名は手書き。
(うちにはプリンターないので。)
あっちゅー間に出来た!

それまでの2年は、ステンシルで一枚ずつポンポンと・・・
結構時間かかった・・・
その前までは、絵を書いて、文字を書いて、全部手書きだったかな
まだパソコンにハマっていない時だったので、
何とか元旦に間に合ったような・・・
しかし友達とか、子供の先生とかの程度なので
ちょっとずつ書いていけば絶対間に合うはずなんだけども・・・
いつもギリギリまでその気にならないので毎年結構しんどい。
だけど元日にもらう年賀状の束が楽しみなので、
全然書かなくする、っていうのは出来ないと思うな??・・・

おかげさまで、今年もパソコン名人の友人のお宅を借りて
印刷させていただけそうです。(´▽`) ホッ

なんか黒陣馬へたえ部長の主旨とは違う方向に行ってる気はするし、
今回もオチなしです(;^_^A アセアセ・・・

黒陣馬さんの『へたえ初冬の祭典その2』にトラックバックします
posted by キャサリン♪ at 19:36| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | へたえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう12月になったんだもんね。
そろそろ年賀状を書く時期なんですね。
私は特に悪筆なので年賀状のためにパソを買った
ようなものです。ワープロが出た時にもすぐに
飛びつくように買いました。
字では散々恥ずかしい思いをして来ましたから。
子供のときには、書道を無理やり習わせられたものですが…
イヤイヤだったものですから全然身についてません。
叔父さんと姪が書道師範の資格を持っているんですけどね。
私にはどうもそちら方面のDNAは受け継いでいないみたいです。

>今回もオチなしです(;^_^A アセアセ・・・

私が言ったことを気にしてるんでっか?
しょうも無い事気にせんといておくれやっしゃ??。
心配せんでも年賀状にはチャンと落とし玉がついてますから!

何処の家庭も束になって届くので配達される方は
さぞかし 年賀状重いで??
Posted by koutarou at 2004年12月05日 01:31
たしかに年賀状を元旦にもらうのは、楽しみでした。
だから元旦に届くように送る風習、というのが
日本人らしく細やかな気遣いだなあと思います。
1人だけ友達で「我が家は元旦に年賀状を書くのが慣わし」
というのがいまして、彼女のだけはいつも4日とかに届きます。
ちなみにクリスチャンの多い国では年賀状のかわりに
クリスマスカードを送ります。
ふと思ったけど、イスラムはどうなのかなー。
イスラムの友達も何人かいるけど、クリスマスシーズンに挨拶してます。^^;
Posted by 黒陣馬 at 2004年12月05日 11:44
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
koutarouもいろいろとあるんやねえ??・・・
だけど字なんて読めたらいいやん
ま、きれいならそれに越したことないけど、
なんでも機械ってのは少しさびしい気がする。
しかしパソコンにハマりだしてから、
どんどん字を書くことがめんどくさくなっている、
今日この頃・・・

>年賀状にはチャンと落とし玉がついてますから!

(〃^∇^)o_彡☆あははははっほんまにねえ??!
来年は何枚当たるかしらん

>さぞかし 年賀状重いで??
思い出→重いで??
ばんざーい!ですな!ヾ(@^▽^@)ノわはは
そうか、はじめからそう書けばよかった??・・・
|出口| λ............トボトボ
Posted by キャサリン♪(koutarouへ) at 2004年12月05日 20:11
世界中にお友達がいる人は、
年賀状よりクリスマスカードなんですね
最近は年賀状の売り上げも下がり気味とのことですが、
(メールとかだと簡単だし早いし)
切れたくない友達との、年に一回の交流のチャンスなので、
めんどくさいけど無くなってほしくないな??
って思います。
お互いに心でつながっていると思っていれば、
そんな面倒はしなくてもいいとは思うのですけどね・・・
Posted by キャサリン♪(黒陣馬さんへ) at 2004年12月05日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ヘタエ 初冬の祭典その2
Excerpt: ヘタエ会員の皆さま、および読者の皆様。 西高東低、東京ではとてもよい天気でしたが
Weblog: Walking along the river
Tracked: 2004-12-05 11:38