2013年04月26日

『その健康法では「早死に」する!』高須克弥

南雲吉則『空腹が人を健康にする』
を読んで体調を悪くして来院(高須院長は内科病院の理事もされている)する人があまりにも多いので
その本に対抗するとして描かれた

空腹長生き理論の「サーチュイン遺伝子」は間違いだった
2011年9月26日AFPニュースから
ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの研究チームが
・・・・・
「サーチュインは長寿のカギとは言えず、延命効果はなかった」

カロリー制限で、寿命は絶対に延びない
「一日一食」「断食」では不健康になる。死ぬかも

ほかにもいろいろ
やや肥満が一番長生き

などと、われらに好意的な実例を紹介
よくぞ言ってくれました!と思います
これからも食べすぎに注意して、
一日3食、ストレスをためないで元気に長生きしたいものだ。
posted by キャサリン♪ at 07:52| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357247069
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック