2014年04月14日

『いのち運んだナゾの地下鉄』野田道子作

こないだ終わったNHK朝ドラ『ごちそうさん』で、
大阪大空襲の時にヒロインが避難したのが地下鉄、
というエピソードについて書かれていると、
ゆかりんさんが紹介されていたので図書館で借りて読んだ。
新聞ほか史実に記録は残っていないのだが、(緊急事態でもあり、上司の許可が得られなかったから?)
地下鉄職員と送電する電気会社職員がたまたま知り合いで、たくさんの命を救うことが叶ったという話
その後その人たちは責任を取らされたのか・・・?
子供向けなのですぐ読める。
ドラマを見ても、このような本を読んでも泣きそうになる
いろいろ問題はあるが、この時代に生まれた幸せに毎日感謝して生きてゆこう
posted by キャサリン♪ at 11:28| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394618000
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック