2014年12月26日

父の介護認定に

9月末に自宅でこけて動けなくなって入院した実家の父ですが、
いろいろあったものの来月中旬に退院の予定になりました
そこで病院のケースワーカーさん?
(医療福祉課 社会福祉士さん)
の申請で、市から10時半の約束で介護認定に来てくれる日で、
母も兄も都合がつかなかったので、
夜勤明けの夫に娘を頼んで、
だいたい自転車で往復1時間なんだが、寒いのでバスを乗り継いで病院へ

開始時間に間にあわず、看護師さんに断わって病室に行くと、
「体調が悪いので日を改めてほしい」と機嫌悪く父が言ってたが、
家族(ワタシ)と看護師さんの話をまとめて後日訪問は無しということになり、
一か月後に認定が出る予定・・・退院に間に合うんかな^_^;
しかし父の性格的にデイケアに行くとは考えにくいし、
肺炎とMRSAの菌がまだ出ているそうなので、
健康な人には影響ないが、お年寄りの集団には感染の可能性があるそうなので、
自宅で養生ということになりそう
そして担当看護師さんと病状と今後(退院後の生活など)の話をし、
母と兄には面談済みだが、わざわざ医療福祉課 社会福祉士さんを呼び出してくれて、
退院後のケアを相談
(主に重い飲酒の心配^_^;・・・断酒会を紹介するクリニックに紹介状を書いてくれるそう)
その後父の病室へ行き昼食を食べるのを見て、
本を買ってほしいと言うので隣のコンビニへ
甘いものが食べられないので暖かいブラックコーヒーと。

朝はしんどいと起きられない様子だったが、ワタシと話すると
元気が出たと珍しく喜んでもらえたので、
「娘も明日から正月休みやからしばらく来れんよー」と言い、
お互いに機嫌のいいうちに退出

帰りに駅前で頼まれていた糖尿病用献立の料理本(はっきりそう書いてるのは見当たらなかったので
それらしい内容の本・・・タニタ食堂とかでもよかったかな・・・?)を買い、
駅前でと思ってた年賀状出すの忘れたので、バス降車後自宅の近所のポストで出そうとすると、
ちょうど集配のトラックが今まさに出ようとしている所だったので、
窓を叩いて持って行ってもらった・・・^_^;(一応元旦に届く期限は昨日までとか)
良い子はマネしないでね^_^;
posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411424193
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック