2015年02月23日

『絶対に医者に殺されない47の心得』岩田健太郎

近藤誠著の似たような本があるので(前に読んだことあるのに)間違えたくらい

医療・医学・健康本は「極論」に満ちています。これで健康になれる、
こうすればがんにならない、こうやったら老化は防げるー
そんなタイトルばかり並んでいます。
こういう断言口調の医療・医学・健康本はすべてインチキです。断言しておきます。


と、断言されています(としたらこの本も!?^_^;)
ワタシの今のかかりつけの先生も
健康本はすべて金儲けのため。信じてはいけない
と言われており、
どんな情報も話半分に信じようと思いますけれど、
自分の体は自分で責任を持つ
医療情報を自分で調べて、
かかる病院や治療法を自分で選びとり、服用する薬の名前は最低限覚えておき、
全てを医者任せにしないという心掛けは最低限必要なようです

posted by キャサリン♪ at 10:28| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近藤誠氏の話は真に受けちゃ駄目ですよ。
Posted by MAD at 2015年02月23日 19:21
MADさま

久しぶりの記事ですぐに反映されていないと思っていたのに、
コメントどうもありがとうございます

”話半分に参考程度に”
を心がけたいと思います^^

Posted by キャサリン♪(MADさまへ) at 2015年02月26日 19:54
この人の場合話半分と言うよりも同業の医者からもかなり批判されているという・・・
Posted by MAD at 2015年02月26日 22:10
MADさま

>同業の医者からもかなり批判
手術で治るガンも放置せよという説だからでしょうか・・・?
こっちの著者の岩田医師は反論はされてはいなかったですが、
○かバツかの極論は良くないと書かれていました
その人にあった方法はその人が決めるしかない
という事みたいな
著者のせいにもできないし、
自分が選んだ治療なら担当医師のせいにしてもいけない
ということを言いたかったようで、
しかし医者任せの医療から自分本位の治療を選べる時代になったことは良い事ですね
ワタシは20年ほど前、風邪の時診てもらった医者に点滴をしつこくすすめられ、断って二度とその病院には行かないと決めています^_^;
今はもう少し良くなってるかもしれないですが^_^;

Posted by キャサリン♪(MADさまへ) at 2015年02月27日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414518488
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。