2022年09月22日

エブリシング・フロウズ

『エブリシング・フロウズ』津村記久子

主人公がウエストウイングの小学生だったヒロシやんかいさー!!
舞台は大阪のイケアの近所(ヒロシの中学校区)

中学時代のことなんてほとんど記憶に残っていないが、
ヒロシたちみたいに真剣に(あるいはいろんなことに巻き込まれて)
毎日生きてなんかいなかったので追体験した気分
それにしても津村さんの作品は、カラッとしてオチはあるものの、
どうしようも救いのない人が絡んできたり、不幸な人が登場する。
でも集団生活しているうちはそんな人に巻き込まれるのは必然なので、予行演習しておくのも良いか。
未成年のうちはいろいろ難しいかもわからないが、
安心できる人(祖父母、親戚など)に生活を任せて、我慢しないで逃げてと言いたい。
posted by キャサリン♪ at 23:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月06日

『君は永遠にそいつらより若い』津村記久子

DSC_0405.JPG

(お吸い物の素と卵で作るレンジ(200ワット)で6分茶わん蒸し
卵にひびが入ったので作ってみました
白身が固まりで底に沈んでしまったが、簡単で美味しい
カロリーも大したことないので(塩分は多いとは思うが)
レシピ検索して作ってみてね

君は永遠にそいつらより若い』津村記久子
太宰治賞を受賞したデビュー作品
2009年 『ポトスライムの船』で受賞した芥川賞作家

佐久間由衣、奈緒で映画化
これはもうね、映画見てみてか、
読んでみてとしか言えない、言葉にできない
けどどんどん読んでしまいます

あと同じく津村さんの『ウエストウイング』
これは古いビルにある会社の取り壊しにまつわる人間模様というか、
いろんな人に起こる小さな事件というか、
疑似体験ができて時間を忘れます。

関西弁が、よりリアルな感じで私には読みやすい、津村さんスキーなんです。

読書のカテゴリーですが最近の私事

5月26日
娘がお泊りショートステイだったので初めて高野山に連れて行ってもらった帰り、
父(90歳)のケアマネから父の救急受診を聞き、
息が苦しい=コロナではないが肥大した心臓に水が溜まり、肺も半分とか3分の2とか機能していない状態
=うっ血性心不全→強心剤など薬がよく効いて6月9日に退院
退院後施設の移動も考えるが条件的に厳しいのでそのまま自立型ケアハウスに
→食欲はあり杖で食堂まで移動でき、何とか元気

6月29日
2020年に皮弁手術の上退院した母(87歳)に今年1月からまたじょくそう(床ずれ)が再発し、
膿が出だして最悪敗血症で亡くなるかもしれませんと言われたから怖いから、
2020年にかかりつけの病院の先生(形成外科)に診察させてやってとお願いして、
でも施設の病院がかかりつけ医なので個人からは予約できなくて、やっと予約とってもらって診せたら入院
いろいろあって9月1日朝、退院

お世話は施設の方や病院の先生や看護師さんがしてくださるので、子供ができることは何もないけど、
レンタルだとお金がかかるのでパジャマを新調したり、週1か2週に1日、洗濯しては届けました。

更新できない間にいろんな人が見に来てくれたみたいで、いつもは5桁くらいのランク(カテゴリー)が2000位とかになってるので、
どなたかひとことでいいからコメントください(;^_^A

posted by キャサリン♪ at 22:09| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月17日

『海岸列車』宮本輝

seraさんが読んでいらしたので図書館で借りて読んだ

両親が離婚し母が再婚したため叔父に育てられた兄弟
会社を経営していた叔父もなくなり、あとを継ぐことになった妹と、
会社を捨ててヒモとして生きる兄がある事件を機に変わっていく
繰り返し出てくる『鎧』駅と、海外の描写、
関わってくる人物の中で国際問題まで切り込んだ、
読み応えある作品
上巻はなかなか進まなかったが、下巻はあっという間に読んでしまった
読後感さわやか。
posted by キャサリン♪ at 11:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月29日

ムジカ2022年5月号

DSC_0267.JPGDSC_0266-e2533.JPG
(どこかのタワレコ💦)相変わらず向きを変えられません見にくくて申し訳ありません。。。
4月15日発売の音楽誌に表紙と特集があると聞きましてね
遅まきながら本屋に予約を思い立ち、
市内の本屋4店に電話しましたけど、
みな完売
発売前に予約いっぱいっていう
発売日当日入荷があれば買えるかも、なんて
もっと早く動くべきでした。。。
90日間の縛りで定期購読なら買えるみたいですが、そんなにいらん。。。
まーセカンドアルバム14万いくつか売り上げ1位ですからね
図書館にも取り扱いないらしいし、
もっと増刷してくれんかのぅ。。。

posted by キャサリン♪ at 18:56| 大阪 ☁| Comment(2) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月23日

『水を縫う』寺地はるな

『水を縫う』

刺繡大好きな男子高校生の家族にまつわる話
日本で普通にあるジェンダー問題がからみ、
知らないうちに涙がわいてくる
もう少し先が読んでみたい。
posted by キャサリン♪ at 20:47| 大阪 ☁| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月16日

『灯台からの響き』宮本輝

夫婦2人で営んでいた中華そば屋の店主が、急に妻に先立たれ、引きこもりになってしまった後、
数年前に妻宛に来たハガキから灯台巡りの旅を思い立ち、
ハガキにまつわる謎を解き明かしてゆき、
店の再開を果たしてゆく
(中華そばを作るのは、飲食店を営むのは、こんなに大変なのだと思い知る)

あらすじではこんな感じだが、宮本節でどんどん読み進んでしまう。
登場人物の多くが同年代というところと、
物語の核となる日御碕灯台には、
登ってはいないけど、近くまで行ったことがあるので親近感
(時間のある人は過去ログをご覧になるとあります)
灯台巡りでなくてもよいから旅に出たくなる本
ひとことで言うと、大したことは何も起こらないのに面白いのよ。

posted by キャサリン♪ at 16:36| 大阪 ☀| Comment(2) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

『類』朝井まかて

『類』朝井まかて
厚い本に気が引けて返却期限過ぎる前にいったん返してからまた順番が回ってきてやっと読めた
作者のわかりやすく丁寧な文章でどんどん読めた
”父親が立派過ぎて才能をすべて持っていかれた”などといわれながらも、戦中戦後を乗り越え、
終戦で親の財を取り上げられ、画家を目指し小説を書き、書店を営み4子を育て上げ(最高の奥さんだったから)、再婚まで果たした人物はきっと今で言うイケメンさんだったのでしょう。
しかし小説を世に出そうと思えば身内の暴露になってしまうのは仕方のないことで、そこまでは考えが至らなかったのでしょう
戦前は持つ者と持たざる者がきっちりと分けられていた。
戦前は人力車で嫁入りしたという母方の祖父や長男(母の兄)は家のほとんどの財産を相続するので特に職はなくても食べていけたそうで、
やはり農地改革で住んでいた家屋敷以外は、
預金も新券に変更とかで、ごっそり持っていかれたそうです
しかし心正しく健康に気を使い長生きできれば、
そんなに財産はたくさんはいらないのかもしれない。

高級百貨店の紅茶やお菓子はないけど、たくさんの草花あふれる庭の中で、類と共に生きてきたような気持になりました。

紹介してくれたお気に入りブログの中の人に
大きな感謝申し上げます!!
posted by キャサリン♪ at 21:45| 大阪 ☁| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月03日

『そして、バトンは渡された』瀬尾まい子

図書館で予約がたくさんでやっと順番が回ってきた。
今年の秋、永野芽郁主演で映画化されるらしい。
不思議な導入部でどんな事情があってこうなったのかと思いながらどんどん読める。
最後では泣いた。
蛇足ですが早瀬君は藤井風さんのような人だと思い、余計ぐっと来た。
posted by キャサリン♪ at 23:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

『上流階級』高殿円

https://shosetsu-maru.com/rensai/jyoryu3/1
これ今3巻まで売り出しているんですが、
3巻の初めからしばらくはこのウエブで読めるので、
今のうちに読んどいたほうがいいかも。
私はここから読んで気に入って図書館で2巻まで借りて読みました。
百貨店の外商というお仕事小説で、読んでいて肩に力が入るというか、少し疲れるかもしれないんですが、
お金持ちの生活とか価値観が少しうかがい知れて面白いです。
以前竹内結子が2時間ドラマでヒロインをつとめたとか(つくづく残念なことですが)
見たかったなーまた再放送やらないかな。。。

作者が気に入って『トッカン』も2巻まで読んで3巻目も借りていてこれから読むところ。
国税局中央税務署の特別徴収官=トッカン
これもお仕事小説でヒロインは毎日大車輪で働いている
井上真央主演でドラマやってたそうですがこれも見そびれ。。。

はじめは『グランドシャトー』っていう小説が面白かったのですが、この作者のツイッターフォローするくらい好き。
posted by キャサリン♪ at 21:48| 大阪 ☔| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

『御社のチャラ男』絲山秋子

図書館でやっと順番が来て読むことができた。
なのにはじめはなんかダルくて読む気がしなかったけど、最後まで読んで良かった。
こんなこと言うとひんしゅくを買うかもしれないがスカッとした。
今後のクレーマーへの対応はこれでいけばよい。
posted by キャサリン♪ at 23:15| 大阪 ☁| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

『漁港の肉子ちゃん』西加奈子(ネタバレあり)

明石家さんまが気に入って今夏公開のアニメ映画になるとのことで、図書館で借りて読んだ。
はじめは小5の女の子の愚痴?日常のおしゃべりで、
だれか暇で優しい人が聞いたげて〜と思いながら読んだが(”サラバ”もこれが長くて挫折した)
最後のネタばらしでグサッときた。
”殺すくらいなら逃げてよい”
”大人になっても生き続けていくためになら(死なないために)
周りの人に迷惑をかけても、恥をかいても生きて行け”
ということを言いたいのではなかろうかと。
あとは大阪弁の笑って読めるお話です。
だけど知的障害の人が(軽くても)たった一人で生後数か月からの子育てができるかは疑問なので、ファンタジーとして読むのが正しいでしょう。
(成人した重い知的障害の親です…障害のある人の子育てを否定するわけではありません)
posted by キャサリン♪ at 10:46| 大阪 ☔| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方 (BuzzFeed Japan Book)』朽木誠一郎

健康問題に関心がある、医療従事者ではない一般の人が、ネット検索するときに嘘の情報が前に出てくると(その情報を鵜呑みにして病院の標準治療を拒否して)最悪命にかかわるので、ネットから信頼できない(エビデンスのない)情報を排除しようと活動している、医学部卒業されている人の書いた本
ネットを見ながら出てくる広告は個人ごとに違うので、違和感があれば通報してほしいとのこと。そしたらこの方が調べて対策してくれるそうです。
posted by キャサリン♪ at 10:23| 大阪 ☔| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

ビオレタ

『ビオレタ』寺地はるな
ポプラ社小説新人賞第4回受賞作品

なんでもない日常(というより突然襲う不運のあとさき)のように見せて、
人生の小さな、でも確かな、生きる上での芯みたいなものを描いていると思った
いろいろうまくいかない人生の中で、人と比べたら自慢できないかもしれないけど、自分の中で確かなものをつかんだヒロイン
ブログが面白いので時々読んでいた、作者はとても心の温かい人だと思う。
ちょっと泣けた
posted by キャサリン♪ at 09:26| 大阪 ☁| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

『みかづき』森絵都

『みかづき』森絵都

長いけど読みだすと止まらない、わかりやすくて面白い。
”人のためになる仕事”のなんと尊く険しいことか。
家族ものと恋愛ものの要素もあり、涙なくしては読めない。子育てと教育問題に悩めるすべての人に薦めたい
posted by キャサリン♪ at 19:59| 大阪 ☁| Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

シリコンバレー式自分を変える最強の食事

草を食べて育った牛からとれるバターと、MCTオイル、カビのない良質の豆からできたコーヒーをよく攪拌して朝飲み、
(良質の脂肪を摂ることで脳に直接栄養が行き渡り、
頭は冴えわたり、仕事ははかどり、空腹を感じない)
14時頃に昼食と18時頃に夕食を摂り、
夕食から朝食の食事までの時間を16時間空ける
週一度程度のファスティング(バター珈琲は飲んでよい)
により腸が掃除され若返る
昼食は無制限の野菜と良質のタンパク質
夕食は無制限の野菜とタンパク質と少量の炭水化物と果物が食べたければ少量、
(果物は果糖なので悪)
運動は週一度の筋トレーニングで良い


文中に何度も完全無欠ダイエットの文字が現れます
これでIT社長の著者は50キロ痩せて健康になった
という事ですが、これ一庶民には実行不可能
大体バターさえ店頭にない場合がしばしばなのに
セレブか小金持ちの独身の一人暮らしならできるかも。(ネットなどのお取り寄せ)
良質の油はココナツオイルでもいいそうなので、庶民はインスタントコーヒーで飲んでいます
(以前は脂が浮いて気持ち悪かったけど慣れたらおいしい)
それから著者によると亜麻仁油も良くない油になっている・・・
かのバレリーナはサラダにかけて毎日食しているとあったけれど・・・
朝食抜きの断食ダイエットなので2〜3週間などの期間限定で行うのがよいそうで
長期間続けると筋肉が減ったり良くないことが起こるそう

欧米人と農耕人種だった私らとは違うと思うし、
必要な栄養は取りつつ、いいとこだけ取り入れたいと思います
posted by キャサリン♪ at 22:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

『その股関節痛、切らずに治せます!』矢野英雄

図書館で順番が来て借りた
もっと早く見たかったー
実家の母が変形性股関節症の診断で
股関節の痛みで腰が曲がり、ほとんど歩けない
(自宅ではハイハイで移動^_^;
自転車では30分くらいの場所でも出かけるらしいが^_^;)
かかりつけの医者では根治は手術しかないと言われ、
ワタシが行っていた、筋肉に効く整骨院も紹介して行ってみたけど、
茨木の整形外科を紹介され、その先生からも手術をすすめられ
最少侵襲術(MIS)という傷口が小さく筋肉を切らないので入院期間が短い
という手術も名医が市内に居るのでやってもらうことも可能だが、
最悪術後具合悪くても、レーシックと同じで、元に戻すことができないやん!
この本によると
傷みを取り症状に合わせたリハビリ(温泉プール歩行、ノルディックウオーキング)で、
80歳を超えても軟骨が再生する症例が多いことがわかった
そうで。
母に確認してから病院に電話で問い合わせたところ、
かかりつけの先生に状況を書いてもらって送り、
入院会議にかけていただいて可なら、早くて5月からでも入院できるそうで。
最後のわらにすがる思いで母を引率してまいります・・・山梨県石和温泉
(国民保健の関係で8月以降)
posted by キャサリン♪ at 22:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

『1Q84』文庫版1〜6巻 村上春樹

青豆と天吾の20年愛
と理解して読んだのだが、知識がないせいか、
さまざまに張り巡らされた伏線が未解決のまま
(さきがけが世間に知られてはならない掟とは?
最後にリトルピープルが牛のところで作ったさなぎは誰のか?
青豆が何故20年会ったこともない人間の子供を妊娠したのか?など)
エホバの証人とかヤマギシズムとか、
オウムなどを連想させる背景は
教義を理解する前の子供を巻き込むことは虐待であると訴えたかったのか
日本の法律や常識が通じない世界の恐ろしさを表したかったのか

しかし続きが気になって夢中でどんどん読んでしまうし、ハッピーエンドで終わったので読後は穏やかだ

今のところ日本は月が一つだけだし平和だ
posted by キャサリン♪ at 21:24| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

『三匹のおっさん』有川浩

読みやすくて恋バナもあり、
一章で問題解決し、スッキリ気分であっという間に読み終わる
ドラマ化もされたのだが見逃した
続きも見たいしドラマも見たいなー
posted by キャサリン♪ at 22:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

『城崎殺人事件』内田康夫

東京からは遠いのであまり有名ではないらしいが、関西では有名な温泉地
近くの日和山や出石と共にその地の謎と事件を絡めて描かれ、
実際旅した気分に浸れる
浅見光彦シリーズでドラマ化もしたらしい、
見たかったー

天日槍、土蜘蛛族、タジマノモリ
posted by キャサリン♪ at 14:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

『日本の神祭りの源流 出雲大社』千家和比古、松本岩雄

”平成の大遷宮”を機会に、専門家たちによる寄稿編纂というのか
いろいろな方面から書かれた本
その大和の飛鳥から見て東方に昇る太陽、海上から昇る清新な太陽を拝することができる地、伊勢に自らの皇祖神、
天照大神の祭地を荘厳した天武天皇と持統天皇の王権が、その対比軸として強く意識し、
記紀の神統譜の中に特別な位置を占めるかたちで設定したのが、
西方の海上に美しく赤く輝きながら太陽が沈み行く出雲の神々の世界であった

第5章 大和王権にとっての出雲 新谷尚紀 より


伊勢神宮と出雲大社がなぜそこにあらねばならなかったのかがわかった
大和王朝はもともとここにあったわけではなく、
いろんな国から来た人や、国内でもいろんな文化の違う民族が混在しており、
いろいろあって今に至るというわけで、
これを知っていくとずいぶん人生面白いと思う
posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする