2015年07月27日

『天鵞絨物語』林真理子

昭和初期のいいところのお嬢さんの名門学校生活から結婚後、戦中戦後の話
華族とか侯爵家とか、仕立てたばかりの洋服とか(新品の着物も作り放題)
庶民には想像でしかない世界
結婚相手も選び放題、と思うのに、
惚れたものが負け
というのは今も昔も変わらないんですね
戦争に負けたこともあり、贅沢放題な娘時代に比べて不幸せな結婚生活
質素でも愛される人と平和に暮らすことが幸せなんではないかとしみじみさせられる

それにつけても
又吉直樹さん芥川賞にはいい意味でびっくりしたけど、
(内容はそこそこツボを押さえていて=基準点以上
無名の人よりは売れる作品をこれからも書いてくれそうな人、と言う点で選ばれたとか違うとか^_^;)
印税を吉本興業が半分だか3割だか持って行くというのは良くないと思う
もちろんここまで有名にしたのは吉本のおかげやけど、
元B&Bの島田洋七が『かばいばあちゃん』の件で辞めた過去もあり、
吉本興業にもプライドがあるならもうちょっと考えた方がいいと思う
posted by キャサリン♪ at 18:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

最近(以前録画してたのを)見たドラマ感想

『昼顔』上戸彩、斉藤工
『きょうは会社休みます』
綾瀬はるか、福士蒼汰
『○○妻』柴崎コウ、東山紀之
『デート 恋とはどんなものかしら』杏、長谷川博巳

映画編
『まぼろしの邪馬台国』吉永小百合、竹中直人
『Wの悲劇』薬師丸ひろ子、三田村邦彦、世良正則、三田佳子
『大奥 男女逆転』二宮和成、柴崎コウ、堀北真希
『大奥〜永遠〜右衛門佐・綱吉篇』菅野美穂、堺雅人
『川の底からこんにちは』満島ひかり、志賀廣太郎

録画してたのを続けて見た
ちょっと昔の入ってますけど(*▽*)

ざっくり言うと、
斉藤工より福士蒼太exclamation
と言うより、
たのくらくん。

昼顔はひどかったなーあれはない。

デートの杏のアヒル顔も素敵(めちゃ笑かしてもらった。。)やったけど、
はじめからニートはありえへんし。

『○○妻』はネットにもいろいろ書かれているけど、悲しすぎる終わり方やし

『〜邪馬台国』
は思ってたのと違った。
吉永小百合さん美人やのに苦労されて・・・でもハッピーエンド
昔の女は美人でもあんな感じか・・・21世紀まで生きててよかった。

『Wの悲劇』
薬師丸ひろ子は想像通り、相当可愛かったけど・・・大こ・・・ゴホンゴホン
三田村邦彦が同世代と言うかあこがれの存在と言う設定に
ちょっとショックと昭和臭・・・
(ひろ子さんとは似ても似つかないけど同世代なので^_^;)
三田佳子については某番組でマツコが語ってたけど、大物女優感と存在感が凄いexclamation
その辺では見かけないほどの美しさが半端ない

大奥 男女逆転』うっかりコレにやられてしまい、
次に多部ちゃん主演のドラマ(たまたま録画していた)
『大奥 〜誕生 有功・家光 篇』を見、
ついに続編の、
大奥〜永遠〜右衛門佐・綱吉篇』 
(主演俳優が結婚されるきっかけになった映画)
もdvd借りてまで鑑賞し、
web漫画まで。。。(まだ全巻は制覇していないが^_^;)
これは見ごたえがありますぞよexclamation
ウイキ参考

『川の底からこんにちは』
コメディだそうなので真剣に語ってはいけないのかもしれないけど、
「あなたは生まれてきただけで素晴らしい、いい子なのよ」
と言われて育った人間に限って中途半端な、
空気読めない、思いやり無い、仕事もできないくせに
プライドだけは高くてどうにも使い道無いような人間(ほとんどジブンのことなんです^_^;)に比べると、
「私は中の下。あなたも中の下。だから高望みなんかしないで今日一日頑張れ」
と言われ続けて育った人間の方が謙虚でたくましく努力家な人になるのかも
ってちょっと思ったけど、それではちょっと夢がなさすぎるなー。。。
夢が現実になる方法とかも最近言われていますし、
若い人にはやっぱり、夢を見てもらいたい
そしてある程度先が見えてきたら、現実に甘んじると言うか、
あるものに感謝しつつ、日々質素に暮らす。
ということでしょうか
現実にこんな人が居るとちょっと大変と思うが、コメディとしては面白かった
ヒロインが作った社歌最高(大笑いexclamation×2)

リアルタイムで見て皆さんと語り合いたかったけどもうやだ〜(悲しい顔)
しかしこれからもまだまだ日本のドラマ、映画を見ていきたいと思います
(録画機に見ていないドラマ、映画いっぱい^_^;)
posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

『その股関節痛、切らずに治せます!』矢野英雄

図書館で順番が来て借りた
もっと早く見たかったー
実家の母が変形性股関節症の診断で
股関節の痛みで腰が曲がり、ほとんど歩けない
(自宅ではハイハイで移動^_^;
自転車では30分くらいの場所でも出かけるらしいが^_^;)
かかりつけの医者では根治は手術しかないと言われ、
ワタシが行っていた、筋肉に効く整骨院も紹介して行ってみたけど、
茨木の整形外科を紹介され、その先生からも手術をすすめられ
最少侵襲術(MIS)という傷口が小さく筋肉を切らないので入院期間が短い
という手術も名医が市内に居るのでやってもらうことも可能だが、
最悪術後具合悪くても、レーシックと同じで、元に戻すことができないやん!
この本によると
傷みを取り症状に合わせたリハビリ(温泉プール歩行、ノルディックウオーキング)で、
80歳を超えても軟骨が再生する症例が多いことがわかった
そうで。
母に確認してから病院に電話で問い合わせたところ、
かかりつけの先生に状況を書いてもらって送り、
入院会議にかけていただいて可なら、早くて5月からでも入院できるそうで。
最後のわらにすがる思いで母を引率してまいります・・・山梨県石和温泉
(国民保健の関係で8月以降)
posted by キャサリン♪ at 22:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

お腹が痛くなるので

実は去年の4月に2時間以上続く急な腹痛(左脇腹下)が起こり、
(大きい病院で検査もしたが、特に異常はなく、便秘とかガスが出ていないのが原因らしい)
その後、漢方薬を取り扱う内科が近くにあるので行き始めたけど、
子宮筋腫の時に飲んでいた薬と同じ薬
(桂枝茯苓丸、桃核承気湯)を出され、
手足が冷え顔が冷えのぼせ、背中にすぐ汗をかくと言うと、
お腹に気が貯まる体質ということで、
しばらく飲み続けて(約10か月)便秘は一進一退だが、特に腹痛はなく、
金曜日娘が作業所を休んで自主3連休^_^;でずっと家に居た翌月曜日
今度は右下の脇腹下が痛んだと言うと、
治っていないらしい^_^;
イライラはしないけど、
娘がたいてい家に居るのと、出て行ってくれてもタクシー送り
(自宅運転手さんが居たら送ってくれることもある^_^;)
でバス乗り継いで帰って昼頃帰宅、
娘は3時半に帰るので、昼食べたらすぐ迎えに行かないといけなくて、
自分の自由に家事やいろんなことができないし、時間も取れないし、
いろいろ面倒くさくやる気が起こらないと言うと、
桂枝のお腹を動かす作用に加えて気鬱に効果のある、
桂枝に代わり、加味逍遥散を試してみることに
まだ飲みだしたばかりなので未知数ですが、
気は上がってきてるよう

木の芽時なので上がりすぎないように気をつけなければ^_^;

posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

『絶対に医者に殺されない47の心得』岩田健太郎

近藤誠著の似たような本があるので(前に読んだことあるのに)間違えたくらい

医療・医学・健康本は「極論」に満ちています。これで健康になれる、
こうすればがんにならない、こうやったら老化は防げるー
そんなタイトルばかり並んでいます。
こういう断言口調の医療・医学・健康本はすべてインチキです。断言しておきます。


と、断言されています(としたらこの本も!?^_^;)
ワタシの今のかかりつけの先生も
健康本はすべて金儲けのため。信じてはいけない
と言われており、
どんな情報も話半分に信じようと思いますけれど、
自分の体は自分で責任を持つ
医療情報を自分で調べて、
かかる病院や治療法を自分で選びとり、服用する薬の名前は最低限覚えておき、
全てを医者任せにしないという心掛けは最低限必要なようです

posted by キャサリン♪ at 10:28| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

『1Q84』文庫版1〜6巻 村上春樹

青豆と天吾の20年愛
と理解して読んだのだが、知識がないせいか、
さまざまに張り巡らされた伏線が未解決のまま
(さきがけが世間に知られてはならない掟とは?
最後にリトルピープルが牛のところで作ったさなぎは誰のか?
青豆が何故20年会ったこともない人間の子供を妊娠したのか?など)
エホバの証人とかヤマギシズムとか、
オウムなどを連想させる背景は
教義を理解する前の子供を巻き込むことは虐待であると訴えたかったのか
日本の法律や常識が通じない世界の恐ろしさを表したかったのか

しかし続きが気になって夢中でどんどん読んでしまうし、ハッピーエンドで終わったので読後は穏やかだ

今のところ日本は月が一つだけだし平和だ
posted by キャサリン♪ at 21:24| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

父の介護認定に

9月末に自宅でこけて動けなくなって入院した実家の父ですが、
いろいろあったものの来月中旬に退院の予定になりました
そこで病院のケースワーカーさん?
(医療福祉課 社会福祉士さん)
の申請で、市から10時半の約束で介護認定に来てくれる日で、
母も兄も都合がつかなかったので、
夜勤明けの夫に娘を頼んで、
だいたい自転車で往復1時間なんだが、寒いのでバスを乗り継いで病院へ

開始時間に間にあわず、看護師さんに断わって病室に行くと、
「体調が悪いので日を改めてほしい」と機嫌悪く父が言ってたが、
家族(ワタシ)と看護師さんの話をまとめて後日訪問は無しということになり、
一か月後に認定が出る予定・・・退院に間に合うんかな^_^;
しかし父の性格的にデイケアに行くとは考えにくいし、
肺炎とMRSAの菌がまだ出ているそうなので、
健康な人には影響ないが、お年寄りの集団には感染の可能性があるそうなので、
自宅で養生ということになりそう
そして担当看護師さんと病状と今後(退院後の生活など)の話をし、
母と兄には面談済みだが、わざわざ医療福祉課 社会福祉士さんを呼び出してくれて、
退院後のケアを相談
(主に重い飲酒の心配^_^;・・・断酒会を紹介するクリニックに紹介状を書いてくれるそう)
その後父の病室へ行き昼食を食べるのを見て、
本を買ってほしいと言うので隣のコンビニへ
甘いものが食べられないので暖かいブラックコーヒーと。

朝はしんどいと起きられない様子だったが、ワタシと話すると
元気が出たと珍しく喜んでもらえたので、
「娘も明日から正月休みやからしばらく来れんよー」と言い、
お互いに機嫌のいいうちに退出

帰りに駅前で頼まれていた糖尿病用献立の料理本(はっきりそう書いてるのは見当たらなかったので
それらしい内容の本・・・タニタ食堂とかでもよかったかな・・・?)を買い、
駅前でと思ってた年賀状出すの忘れたので、バス降車後自宅の近所のポストで出そうとすると、
ちょうど集配のトラックが今まさに出ようとしている所だったので、
窓を叩いて持って行ってもらった・・・^_^;(一応元旦に届く期限は昨日までとか)
良い子はマネしないでね^_^;
posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

体操と病院と

普段兄も母も面会時間(午後2時)以降に見舞いに行ってるので、
今日は休みの旦さんに娘の送迎を頼んで、
(でも生協の宅配までには帰ってきてと言われていた)
やっと体操に行けて、
その後実家へ。
土曜日に父のコルセットを作ると言うので、
その補助金みたいなの申請に
医師の指示書や印鑑や保険証の他に
”後期高齢者受給者証”
と、アンダーラインで書いてあったので、
出られるときにもらっておこうと市役所に行くと、
『74歳までの高齢者しか出してなくて、保険証一枚で大丈夫』
とのことで無駄足でした。。。
(しかし隣の図書館に用事があったので本当は無駄足ではない^_^;)
申請は一年後でも大丈夫ということで急ぐこともなかったし^_^;
見舞いに行く時間までお昼を食べるだけでは惜しいので、
明日からの台風に備えて父の蒲団干し→結局力及ばず、物干しざおに干せず、兄に頼んだ(>_<)
シーツ、タオルの洗濯、寝ていた部屋の掃除
座布団を洗おうとしたが、手洗いできず、洗濯機に突っ込むと座布団壊れた(>_<)

何をしてるかわかりまへんが、
兄の車に母と同乗し、病院へ
木曜日に少し元気が出てきたと聞いていたが、
(入院から昨日まで記憶がないらしい(>_<))
酸素マスクして息が辛そうだった
一朝一夕には良くはならないみたい・・・

帰りに頼まれていた本、紀伊国屋ならあるだろうと寄り道していたら
生協に間に合わなかって旦さんおかんむりにふらふら

posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

少し長くなりそうな

心ならず(父は家に帰ると頑張っていたが^_^;)も父が入院して、
土日はお見舞いにも行けず、完全看護の病院ならケアも自宅より安心と思っていたら、
6日月曜日午後に見舞いに行った母と兄が、
父の様子がおかしい(会話できたがろれつが回っていない)と看護師さんに言うと、
肺が真っ白=肺炎との診断
おまけに初診時の血液検査で(尿からも)菌が出て敗血症ともがく〜(落胆した顔)
「高齢ですし糖尿病もリスクが高いので万一のことも・・・」
とまで言われたと。
外科で入院したのにー
でもあのまま家に居たらもっと危ないことになっていたかもしれないので
(脱水状態も言われたそう)
リスク高くても回復力に期待しよう・・・
82才には見えないから(78歳くらいにしか・・・^_^;)

で、やっと娘が作業所に行ってくれた水曜日、
朝から病院に電話してから(本当は面会は午後2時からなので)なんか記入して、
看護師さんに様子を聞いたところ、
熱は下がったと教えてもらって少し安心
(入院時から9日昼まで絶食絶飲だった)
酸素マスクしてよく寝ている間はいいが、
油断するとすぐマスクを外そうとする(半分無意識か?)
1日に3度の採血→血糖値が高いとインシュリンの注射
「痛たたたたーー!!」
って、注射は点滴からできないのでしょうかと聞くと、
インシュリンは筋肉注射でないとできないんですってね・・・
「のどが渇く〜」と言うけど絶飲水なので、
(前日母が吸い飲みで飲ますとむせたので絶飲水)
看護師さんにお願いしてスポンジで水を口に持って行くが、
「こんなんで足りん!水よこせ」って
「水飲んだら死ぬで」
のやり取りのあと、看護師さんに口腔ケアしていただくと少し落ち着いて
でものどが渇くやろうな
テレビやラジオも必要やろうけど
まだその段階ではない様子
posted by キャサリン♪ at 20:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

今度は父が

両親高齢ですがなんとか二人で生活しておりました
母は要支援1で週一体操教室みたいなのに送迎付きで通っているようですが。
それが9月30日の午後9時か10時頃父が居間でこけたらしい・・・3回も
それから寝たままで動けず、食事もあまり進まず、
まず母の足が悪いのでマメな介護もできず、

ワタシも世話のかかる娘が居るので小まめに通う事も出来ない
てか知ったのが、みかんをおすそ分けに行った2日木曜日昼ごろで、
かかりつけの病院に電話して午後からでも受診できると言ってもらえて、
兄も仕事で来ていたので人手はあったのに、
「かかりつけの先生(内科)が金曜日じゃないと居ないから明日朝行く」の1点張り
糖尿の持病(まだ軽い段階と聞いているが)もあり、
同じ病院でもかかりつけの先生が居ないと不安なのかもしれないが、
動けないなら救急車呼んでも大丈夫なレベルやし、
てかタクシー呼んでも乗れへんし!どうするん?
と聞いても明日介護タクシーで行くと言うので
(介護タクシーは利用したことがない)
病院で連絡先教えてもらって翌朝9時半の予約をし、

翌金曜日
旦さんはワタシの体操のため遅番にしてくれてたので娘を頼み、
早めに実家へ行き父の着替えを手伝う
入院の準備も並行してやりかけるが、
「入院なんかせんからいらんいらん!」
て妨害してくるし
着替えの介助も荒いと怒られ、
お水くらいは飲んでもらって
タクシーの運転手さん(介護支援の資格あるドライバーさん)が到着するが、
予想通り玄関先まで運ぶのに難航ふらふら
折り畳みエコバックみたいな丈夫な生地の取っ手が4つ付いた(簡易担架?)
物に父を載せ、頭はドライバーさん、足はワタシが(引きずって)持つが、
「イタイイタイ!!荒いねん」
って気の毒やけど仕方ない
リクライニング?寝たままでも座れる車椅子を借りて、
母と二人同乗して、
やっと病院に着いても(整形外科)お客さんものっそ待ってはるし、
座れないので待合場所だけは一部屋確保していただけたけど、
1時間半くらいしてやっと診てもらえて、
レントゲン、採血、診察してもう一度レントゲン、
入院の判断→病室へ移動
(整形の先生の診察のタイミングで、外出先から帰った兄到着)
MRIやったか最後の検査までは付き合えず、(娘のお迎えがあるため)帰宅
あとで母と兄に聞いたところ、痛い所とちょっとずれた場所に骨折があるということで

またまた体操には行けずもうやだ〜(悲しい顔)
posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする