2014年06月22日

阿川さんの”向上心”について

ワンダフルライフで阿川佐和子さんがゲスト
お父さんが厳しい方で、理不尽で緊張感を強いられる子供時代を過ごされたそうだが、
なんとか家を出たくてお見合いを30回するがうまくいかず、
未だ未婚だそうですが、小説家、女優など幅広い活躍をされている
その中で、
『向上心はあるときから無くした、だって私が居るべき位置にあの人が居るとか思ってしまうでしょ
今日一日の仕事がうまくいき、おいしいビールでも飲んで(達成感で?)よく眠れる、それが幸せ』

『(浅田真央ちゃんなどの)一流アスリートなどは向上心は必要なんですが、
何も(専門的に)強みのない者が何者かになろうなんてない
自分には(天命のような?)何かがきっとあるはずだ
なんて何もないんですから!』

若い時は辛い思いをして、勉強も仕事も努力も人一倍して、年齢的に仕上がった人の意見ですが、
職人さんとか一生研鑽し続けるような人は必要なのかもしれないけど、もういいんじゃないか
人に迷惑をかけないとか社会的なルールにはルーズになってはいけないけど、
あきらめるんじゃなくて、今あるものに喜び、穏やかに今日一日無事に過ごせたことを喜ぶ毎日を
ワタシは幸せと呼ぶ
posted by キャサリン♪ at 23:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

怪我の功名というのか

今週は娘が月水金と3日出てくれたから、
今日は体操の後買い物も特にないけど、
自転車が変な音するので見てもらいに
駅前の自転車屋さんに行ったのに、
つい『まだ買って1年から2年の間なのに変な音が』
と言ってしまったため、
『それでは買った店で見てもらったら』
と冷たく言われたので、
もうあの店には2度と行けないわ
新車買ってくれない客の修理なんてやってられへん
てところでしょうか
確かに。相手の立場になればその通り!
しかし庶民としては、どうしても割引してくれる量販店で買うことになるんやわ(^_^;)

それでレトルトのミートスパ食べてから、
坂道を上る20分(坂は本当は最後の少しだけ(^_^;))の購入店へ
あんしんぱっく
入ってたから無料で修理してもらえた
ついでに待ち時間で母のTシャツと食品
(買い置きが切れたソースとマヨネーズ・・・
いつも特売で買っているので、たとえ200円とはいえ5%引きだけでは心が痛む(^_^;))を買えた
無料の水も^^
でもトップバリュのバターが欲しかったけどいつも品切れ

それだけで足が筋肉痛の予感
posted by キャサリン♪ at 22:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

梅干しをつけているよ

去年
2010年
2006年とそれ以前

年々夜なべは辛いわ・・・と思いながら、
娘が朝晩食べてくれるし、昔は薬だったそうで、健康に貢献しているはずと信じて、
今年も漬けることにし、
従姉に梅(10キロ)を送ってもらったのが7日、
すぐに2階の洋間に新聞紙を敷いて梅を拡げ、追熟

一部にカビが付きだしたので11日寝る前に
漬物樽と専用のポリバケツに分けて水に漬ける。
12日木曜日に娘が休んだので、昼寝してる間に
洗ってホシを取り、水分を拭いて塩漬け・・・今年は1時間半で完了
(荒塩とグラニュー糖を一キロずつ混ぜてまぶす)
重石は水を入れたポリ袋
一日1〜2回全体をゆすって混ぜているが、
今日現在まだ梅酢が上まで上がっていないから重石取れない
posted by キャサリン♪ at 16:11| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

伯母のお見舞いへ

だいたい5月に決めている岡山のホームに居る伯母のお見舞い(母の付き添い)
千葉の叔母も合流して、
今年も一泊で出かけた
ネットで時刻表を調べ、母の分はのジパング倶楽部を借りて切符を買い、
自分の分は金券ショップで購入(新幹線乗車券と特急券・・岡山までしか買えないが)
叔父と従兄へのお土産(今年は果物ゼリーセット)をデパートで選び宅配便に
伯母(歯が悪いため毎年プリン)と千葉の叔母(高槻銘菓たらちねと大阪ぽてと)には直接手渡しするため当日の荷物にする

去年8時代の在来線で嫌な思いしたので、9時過ぎの電車で予定を組み
母の好意で自宅から実家→駅前までタクシー
新大阪を少し歩いただけで楽勝〜
と思ったら、私がのろのろ切符を買っていたため予定していた急行に乗り遅れ、
一両向こうのホームまで歩かなければいけない羽目にもうやだ〜(悲しい顔)
切符は間に合わなかったら車内で車掌さんから購入することができます
指定で買っていなかったので料金的には助かったけど、
知らないと私のように乗り遅れるので良い子はマネしないようにネ。

しかし携帯を持っているおかげで従兄に遅れる連絡(笑ってもらえたらしい(^_^;))出来、
駅まで迎えに来てもらって伯母のホームへ
新大阪で買った駅弁を食べながらゆっくりと午後を過ごし、
従兄のおかげで千葉の叔母も合流して帰りもホテルまで車で送ってもらう

夕食は母の希望でバイキング
母の足が少し不自由なので、レンタルの手押し車を押しながら料理を選んでいると、
ボーイさんが(配膳用?)ワゴンを貸してくれたわーい(嬉しい顔)
去年は花金だったからかマグロの解体ショーあったのに、今年平日だからか、タコの生け作りだけやったわふらふら
しかしおおご馳走と天ぷらやステーキやタコ飯やなんやかんやと
寒天とフルーツのシロップ煮?とかミニケーキなどのデザートまでたらふく食べて、
今度は別の従兄夫婦が訪ねてくるというのでロビーで面会
・・・途中鬼太鼓ショーがロビーで行われたので、会話中断(~_~;)
素敵なタオルマフラーと高原ブッセのお土産をいただく
posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

『いのち運んだナゾの地下鉄』野田道子作

こないだ終わったNHK朝ドラ『ごちそうさん』で、
大阪大空襲の時にヒロインが避難したのが地下鉄、
というエピソードについて書かれていると、
ゆかりんさんが紹介されていたので図書館で借りて読んだ。
新聞ほか史実に記録は残っていないのだが、(緊急事態でもあり、上司の許可が得られなかったから?)
地下鉄職員と送電する電気会社職員がたまたま知り合いで、たくさんの命を救うことが叶ったという話
その後その人たちは責任を取らされたのか・・・?
子供向けなのですぐ読める。
ドラマを見ても、このような本を読んでも泣きそうになる
いろいろ問題はあるが、この時代に生まれた幸せに毎日感謝して生きてゆこう
posted by キャサリン♪ at 11:28| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

『弥勒』篠田節子

『女たちのジハード』
『ゴサインタン』が面白かったので、
長いけど全部読んだ

新聞社に勤める、展覧会などを主催する仕事をする主人公が、中国・インド・ネパールの奥地(フィクションの国らしい)秘境の秘仏の行方が気になり、
正式なルートでは入れない国へ自ら乗り込み(出張のついでに?)
拘束され、大変な目に合う
食べ物はおろか、まともな住まいもなく毎日重労働に駆り出され、監視され、病に倒れ、まわりはどんどん亡くなっていくし、主人公も何度も死にかけるが、(死んだら物語終わるし。)
とにかく考えうる以上に過酷な人生へと進んでゆく。
理想の社会や信仰のあり方などいろんな問題提起があり、
とても重い小説・・・これが全部創作ってすごい。
宮尾登美子が満州から引き揚げてきた苦労話
『仁淀川』で見たような生活

興味本位でどこにでも行くと大変な目に遭います
いろいろ問題はあるにせよ日本がどれほど幸せで恵まれているか実感できる
毎日周りに感謝を忘れずに生きていこうと思う。

重いけどやっぱり読むのをやめられない
この人の話を読んでいると小説家など誰にでもなれるわけではないと思い知らされる。
posted by キャサリン♪ at 21:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

『ゴサインタン』篠田節子

豪農の跡取り息子40歳が見合いするも話がまとまらず、アジア人の若い女を妻にしようと実行するところから始まる、
よくあるアジア人嫁の話かと思ったら、
嫁はネパールのさらに北のはずれ
(ゴサインタンという山の麓の村)から来た、言葉も通じない、食べ物や風習も全く違う、工場で働くとだまされて連れてこられた女性だった
そして農家の姑と夫にいじめられて心折れて逃げ帰るかと思ったら、
神がかりになり、教祖になり、夫から財産のすべてを奪い、(奪うというか、捨てるしか救われる道はないと説く)
怪しい新興宗教と思われる比喩も登場し、
宗教の行きつく先、人生の救いとか幸福とか、人間の生きていく上での価値観を突き付けてくる、
徹底的に救われない話
でも先が気になって、やめられなくてどんどん読んでしまう。
最後は主人公にとってはハッピーエンドなのか?
農家の嫁問題・宗教ほかいろんな問題を提起しており、
長いけど夢中になって読める
posted by キャサリン♪ at 20:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

『専門家が警告 大ブームの 「食事は炭水化物抜き」が一番危ない』

糖質制限ダイエットで「寝たきり」が続出中!
と、続くのですが。

(賢者の知恵)現代ビジネス[講談社]
ここ、リンクについて厳しそうなので
クリックしても飛ばないし、後日削除するかもしれない(^_^;)

以前読んだ本
『50歳からは炭水化物をやめなさい』藤田紘一郎 著 とは逆の意見
最近ブームの糖質制限ダイエットで、
一切の炭水化物を排除し、
(藤田先生は昼食に雑穀や玄米などで100グラムだか120グラム程度は摂るべし、と書いてあったはず)
血液などに回るべき糖質が足りず、
(若者よりも)高齢者にこそ必要なたんぱく質から栄養を吸収せざるを得なくなり、
筋肉が減り、骨までも削り、骨粗鬆症、寝たきりへまっしぐら・・・

といった症例が増えているとか
皆さんまじめやからね・・・
ワタシは炭水化物食べないとどうもおかしくなっていかん
(おかげで術後順調に体重増加はよくないが
この記事によると(糖質の)間食をやめるだけで効果があるそうです
決まった時間に規則正しく、食べすぎないように3食を食べていれば、おやつもそれほど食べなくて済むかも

炭水化物ばかり食べ過ぎないで、バランス良い栄養と、
週4〜5日の適度な運動
地道な生活こそ元気で長生きの秘訣かと。

健康になるためなら死んでも構わない

なんて言わないよ絶対〜♪
posted by キャサリン♪ at 21:55| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

『よろこびの歌』宮下奈都

さまざまな心の葛藤を持つ、
私立女子高校に通う少女たちの物語
タイトル通り、合唱するんやけど、
それぞれに感動の涙がある、
心洗われる内容
posted by キャサリン♪ at 19:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

『無影灯』渡辺淳一

数年前に放送された、スマップ中居君主演のドラマ『白い影』
の原作
渡辺淳一さんだったのね
医療系の恋愛ものと言えるだろうか、
死んで行く人たちの話ばかりで何とも暗い話だが、
若い時とは違い、恋愛出産よりも、死に方を考えさせられる内容
謎の主人公のミステリーの要素もあり、ぐんぐん引き込まれて読んでしまう。
再放送のテレビドラマまだ2話見てないのだけど、
最後まで読んでしまって結末もわかってしまった・・・
posted by キャサリン♪ at 18:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする